CTスキャン 転移確認

2004.08.24

午後早退 15:45~

時給制で働いているせこい私は、ぎりぎりの15:00まで仕事をして、遅刻寸前に病院に着いた。
婦人科の受付に行き、血圧を測っていたら、放射線科から電話があり、
「子宮癌のひとね・・・」と、大きい声がする。
予約が入っているのにまだ来ないから、どうなっているのかと様子をうかがいに電話をしたらしい。
しかし、
「子宮癌のひとね・・・」とは、びびった。
癌ってそんなにポピュラーな病気になってきたんだろうか?
かなり真剣に悩んでいる私としては、「他の人に聞こえるような大きな声で・・・」みたいな印象を受けた。

CT室に入り、指示に従い用意をした。
なんだかんだいって、みるものやるもの全て初めてなので興味しんしんできょろきょろしてしまう。
一応がん関係の検査なんだけど・・・って自分であきれながら。
注射はナシ・金具の付いている下着は取り外し、TシャツはそのままでOK・パンツ(ズボン)OK・補聴器そのままでOK
2回息を20秒ほど止めます。その指示に従ってください。

CTはうるさくもなく、MRIのように体全体がドームの中に入るのではなく、ドーナッツ状の間を自分が寝ているベットが移動するという状態のもの。
体が動かないように、別途に固定はされ、両腕は万歳状態。
うぃ~んって始まり、あっという間に終わった。
へっ?もう終わり?

今年の春の会社の検診で、たまたま腹部5臓器のエコーを受けていた。
6月の時点では異常なかったので、異常がないことを祈るが、もし、ここでも悪いほうに転がり、異常があったにしても、2ヶ月前には何もなかった(ハズだ)から、大事には至っていないであろうことを信じよう。
明日の結果がどきどき。
今度こそ良い結果が聞けますように。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2004-08-24 15:12 | がん のことと からだ のこと
<< CTの結果 母と 麻布十番祭り >>