カテゴリ:生活( 63 )

初めてのフルオーケストラ

派遣先の上司が小学校のころからヴァイオリンを習っているのは、昨年の忘年会のと きに聞いていた。
その上司が、市民交響楽団に入団しているらしく、演奏会のチケットを分けてくれた。
ぽち と揃って聴きにいくことにした。
二人ともフルオーケストラは初めてである。
うきうきわくわく。
ぽちの方が、映画音楽などを通して、クラッシックを聞く機会が多い。
わたしはちんぷんかんぷん。
長い曲だとつらいなぁ~っと思っていたが、わからないなりに楽しみことが出来た。
出来の良し悪しなんて、まったくわからない。
コリオラン序曲/ベートーヴェン
ピアノ協奏曲第20番 ニ短調/モーツァルト
交響曲第4番 ホ短調/ブラームス
ぽち いわく、1曲目を聞いてどうなるかと思ったけど、2曲目はそれなりだったから、 安心したとのこと。
映画好きの彼は「アマデウス」のラストのテーマとしてサントラ盤にも入っていた「ピアノ協奏曲第20番 ニ短調」は、かなり真剣に聴いていたみたい。
市民楽団とはいえ、いい機会をもらえてよかったと喜んでいた。

その晩、どうだった?という会話になり、
そのうち、フルオーケストラも一度ぐらい行ってみたいと思っていた二人。
どういうのに行きたかったかと言うと、
わけがわからないくせに たま は
サントリーホール か みなとみらいホール
ついでに
ミューザ・川崎シンフォニックホール
で、
楽団とかはわからないので、ぽち の話しとかで
ウィーンフィル
ベルリンフィル
ロンドン交響楽団? ← 映画音楽とか結構演奏している楽団。指輪物語他。
あと、ドイツ軍の楽団
などと思っていた。
指揮者では小沢征爾は聞いてみたいと思っていた。
知らないのに随分だね・・・と、ぽち
いいぢゃないですか。べつに。
行く行かない(行けるかどうか)は別問題なんだから。

でも、その前に、今年まだ梯さんのを聴きに行っていないので、それからかな。
フジコも聴いてみたい♪プラチナチケットらしいから、その前にチケット獲得作戦だ ぁ~。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-22 18:15 | 生活

試験も随分変わってきている

昨年から、保育士試験も前項統一問題になったり、
マークシートになったりで、随分変わってきているようだ。
受験料も違うし。
全国統一とあって、他県との掛け持ちは勿論出来ない。

私の時はぎりぎり
掛け持ち可能、県によってマークシート有り。
書かせる問題もあり。
都道府県によって、問題が違ったりしていたので、
自分にとって馴染みやすい県・そうでない県はそれぞれあった。

試験の時期は相変わらず、8月のお盆休み前にあるみたい。

この試験勉強で、初めて福祉の勉強をしたけど、
奥が深くて面白いとおもった。
それと、発達心理学と精神保健は子育て経験のない私には、かなり良い勉強になった。
その時は、そのあと、こんな病気になるとは思っていなかったし。

この勉強で、福祉に興味を持ち、もう一つ何か資格にチャレンジしようかと思ったが、
殆どの国家資格モノは大学卒が、条件にはいることが多い。
高卒なんだよね。私。そのあとは専門学校。
それで探したのが、福祉住環境コーディネーター。
受験しようと思った年に、病気が見つかって・・・。そのまま放り投げちゃっています。
はふぅ~
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 21:56 | 生活

その後

初年の試験も終わり、先生のご厚意もあり、
2年目が決まった仲間を集めてプライベートで勉強会を開催してくれることになった。
勉強会での科目は
社会福祉、児童福祉、教育原理、養護原理、保育原理、発達心理学、精神保健
福祉と原理は、もともと皆が先生の講義を聴いているので、ポイントだけの講義を。
発達心理学と精神保健は、1科目1日使って講義を開いてくれた。
会場を借り、プリントを配布し、テキストは学校でのモノを使用。
こんなこともあり、結構仲間意識も強まってきていた。
(これから、なんちゃって幹事が始まった。)

2年目。
半数以上の仲間が、無事合格することが出来た。
その中に自分も入ることが出来た。

2年目は長崎・佐賀・静岡で、受験した。

その時の仲間とは、今もつながりがあり、
2か月に一度のランチで、なんだかんだであったりしている。

皆がその資格を生かした仕事をしているわけではないが、
全員が何らかの状態で働いている。
保育士をしている人もいれば、体操の先生もいる。
高校でフランス語を教えている人もあれば、絵本関係のお仕事をしている人もいる。
私も、全く関係ない普通の派遣で事務の仕事をしている。
結婚している人もいれば、独身の人もいる。
結構いろいろです。本当に。
一緒に頑張ってきた仲間がいるのは、心強いです。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 21:46 | 生活

試験

その年の7月の最終週から
8月のお盆まで毎週あった。
秋田・石川・山梨と、試験を受けに行った。
最初の秋田では、熱射病になり帰ってきた。
石川では、殆ど一夜漬け状態で栄養学を頭にたたき込んだ。
山梨での実習の絵画では、その年、我が家のねこの命がけの出産を思い出しながら、動物の親子の絵を涙ながらに描いた。
そんな状態で、試験が終わったとともに、
慣れない頭脳のフル回転の後遺症として、熱を出し寝込んだ。

秋になろうとする頃に試験結果が、届き始めた。
石川県で2教科合格。
秋田県で3教科合格。
山梨県で4教科合格。
各県で、科目がかぶって合格しているので、実際に合格した科目数は
6科目だった。

2科目翌年に持ち越しになった。

訳の分からないまま、3か月前に学校に入り、
試験勉強らしい勉強は1か月。。。。
それでも、全科目合格した人は確かに何人もいるけど、自分としては、思った以上に受かった科目が多かったので、一安心。
でも、残りの2科目は両方とも抱き合わせの科目で、
2科目とはいえ、4科目分の勉強が残ってしまったのは、ちょっと、残念。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 21:30 | 生活

試験勉強らしい試験勉強は

お気に入りの先生が、6月いっぱいで、学校をやめると知り、その先生の科目は、福祉2科目と原理の3科目。
あと、先生の好意で心理関係も、時間外で教えてくれたこともあり、ほぼ、全科目をなんちゃってカバーすることが出来た。
先生がいなくなってからは、学校に行くのを一切やめ、過去問題取り組みのために、図書館缶詰が始まった。朝9:00-19:00まで。
その時既に試験まで1か月を切っている。

その時は、まだ各都道府県によって、受験日程が異なったので、何県か掛け持ちで受験することが出来た。
受験予定の県の過去問題は全て取り寄せ、とにかく解きまくった。
かつて無いほどの勉強量。
現役学生の頃これだけやれば、それなりの大学にも行けたよなぁ~と・・・。
若い頃勉強しなかった分、今、こうやっているって、感じ。

私の場合、以前に取得している医療事務の試験の際、その時の先生が、
とにかく過去問題は最低3回は解いてみて!
それで、間違った問いを調べるかたちにして、分からないところをクリアーにしていこう!
1回目より2回目
2回目より3回目 というふうに分かる問題が多くなればよい!
という先生だった。
その通りやって、試験にパスした私は、今回もそれを目指すことになるが、
それをちゃんとクリアーすれば、パスできるという実感が沸くモノの、
逆に、やればやるほど何が分かっていないのかが見えてくる為、
現実かなり厳しいというのもリアルに感じることになった。
良くも悪くもこの資格は、3年以内に全科目をパスすれば良いと言うことで、来年の受験数を1科目でも減らすためという目的に切り替えてその年の試験に挑むことになる。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 21:19 | 生活

入学して

それから、学校を探し始め、資料を取り寄せ、学校見学にも行き、入学することになった。
母の勧めから、7-10日ぐらいだったと思う。
入学といっても、普通のスクール形式なので、教習所の学科みたいに、何曜日の何時からこの科目の講義があるから、これるときに自分のペースで参加してねって、状態。

何も知らずに、学校に入ったのは、GW前。
入ってびっくり、試験の日程まで、3か月なかった。
試験科目は
社会福祉、
児童福祉、
発達心理学及び精神保健、
小児保健、
小児栄養、
保育原理、
教育原理及び養護原理、
保育実習理論と実技試験(←その当時、これでワンセット)

まったく訳のわからないまま、学校に入り、
時期的にも前から学校にいる人はそろそろ、試験準備という頃。
いきなりの授業は、もうすでに、試験対策。
分かっているものとして進む講義の状態に???????????な、私。
もう、分からなくても、全科目の講義に出ないことにはお話にならないと諦め、仕事がないのをいいことに、とにかく講義には出まくった。
お気に入りの先生が見つかるとその先生の追っかけのようにして、とにかく出まくった。
逆に、分からない先生の時には出るだけ時間の無駄と勝手に判断し、自宅にて自習をした。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 21:06 | 生活

保育士試験のきっかけ

派遣で働いている私は、ひとつの仕事が切れると、次の仕事に就くまでちょっと 長くかかることもある。
若くないのと、こういうご時世というのもあって、かなり間があいてしまうことも時 にはある。

2002年の春(だったと思う)、次の仕事までの期間が随分長いことがあった。
うちで、ごろごろと過ごす私に、見るに見かねて母が、
そんなに時間があるなら、保母さんの資格でも取ったら?
と、勧めた。
あまりにも考えたことのない資格だったので
あっ、そう?
って、私。
考えたことがなかったのがこの場合良かったみたい。
真剣に、この資格にチャレンジしている人には、申し訳ないキッカケなのだけど、
これが、私の保育士試験への始まりとなる。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 20:56 | 生活

やばい★

整体の予約しているのをすっかり忘れて、
電話が来た。
なぜ電話が来たのか分からず、
先生の奥様から、今日予約入っていたから・・・
と、説明で初めて気が付く。
う゛
来週かとばかり思いこんでいた。
先生!本当にごめんなさい。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-20 19:08 | 生活

気温差

我が家は、外気温より寒く感じることが多いのは良く知っているつもりだったのだけど、
今日も、寒い寒いといいながら、着る服に迷い、じゃあ、ユ○クロのハイネックのTシャツと、上着代わりのシャツと、パンツにしたのだけど、
駅まで走ったとはいえ、暑いんです・・・・。
私の場合、卵巣欠落症状もでているので、ちょっとばかり涼しいかな・・・で、ちょうどいいんですよね。
汗かいちゃうから・・・。
会社について、暑い・・・。
しかも、いつもあったかい日本茶を飲んでいるので、
なお、あつい
どういう状態でか体の内部に関してはわからないのだけど、
同じ状態にいても、急にかぁ~っと、なることもあって今は問題なくても1分後には暑くなることもある。。
う゛、、、、
週末、外に出ないと、つい、この辺を忘れてしまうことを今、気がついた。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-16 13:04 | 生活

・・・

のんきに過ごせる週末は、1日家に居るときは別として、
外に出たときなんかは、出かけるタイミングにより、お昼を食べる時間が、けっこうまちまち。
この週末も、土曜日は15:00
日曜日は、14:00近くなど
出かけたとき、よほどおなかはすかない限りは基本的に外食はせずに、自宅に戻ってから食べるようにしているから、
おなかもすごくすいているとあって、食事とおやつが一緒になり、
時には、かなりの量も口にしてしまうこともある。
それでも、夕食の時間は思うほど変わらずで・・・。
食べないか・無理して食べるか
という選択肢になるのだが。
この生活パターンのときには、というか、週末は、時間に時に制約がないのだから、食べたいときに食べればいいと思うと、
週末は、1日2食でもOKなような気になってくる。
そのうち、実践できたらと思う。
どうも、出されたら、食べなきゃ失礼と思いがちで。そうぢゃないのにね。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-05-16 13:03 | 生活