<   2005年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

いたいんですけど・・・

昨日、
風呂にはいるのに替えの下着を取りに行こうと思って、
階段を てってって、って、上っていたとき、
あと、のこり 3段ぐらいのところで、
左足を踏み外した・・・。
右手を付こうとしたら、
右手も階段の角に当たり、
踏み外した。。。。
このまま下まで落ちたらどうしようと思ったら、
なんとか、その後止まった。

いたかったぁ~。
右手、階段の角で擦って
ぷわぁ~っと、腫れるし、
打撲は勿論、
ひりひりになりかけ。、、
これが完璧にひりひりだと、骨にひびなんだよなぁ~<経験者
なんとか、そこまではいっていないようで、一安心。

でも、気を付けなきゃなぁ~
骨粗鬆症ではないものの、ホルモン分泌無くなっているわけだし・・・。

いたいなぁ~
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-29 21:06

今週のお花 2005/3/28

ヒペリカム(Hypericum)オトギリソウ科ヒペリカム属
花屋では、いつも、この赤い実の状態で見ていたので、
黄色い花を咲かせるとは、今、これを調べるまで知りませんでした。
へぇ~、、、楽しみかも。

あ、白いのは、おまけでもらった
さくら です♪
b0043525_19452392.jpg

[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-28 20:35 | はな

この二人のことで思い出すこと

去年、この旦那から
「今年も出来なかったらどうしようかと思った・・・」という、言葉を聞いたときのことである。
その日は、自分のがん告知の前日。
ぽち には、告知を受けた日に、病気のことを話したので、その日は、どういう状況なのか、
全くわかっていない。

ぽち は、
何でそんな言葉が出るのかわからない。
と、のたまった。
だって、彼女のことが好きで一緒になったんでしょ?
子供目的に結婚した訳じゃないわけでしょ?
どうして、他人は他人。
自分たちは自分たち。
って、思えないのかね。
そんなようなことを、ぽち は、言った。

たま は、
そりゃあそうだけど、子供が好きだったら、男性だって自然にそう思うよ。
あんたがその辺、無関心すぎ。

という、会話をしていた。

自分なんかも、よくある光景とはいえ、
結婚当初、義母に電話するたびに、
あかちゃんまだ?
と、言う言葉を浴び、(この、友達(旦那)にも言われていたんだけど)
あんまり電話の度に言われていたもので、ぶち切れ寸前になっていたこともある。
ぽち に、いっても、
何でそんなことを気にするのかわからない・・。
それに、君って被害妄想が強すぎ。
そんな言葉で、かたづけられた。
当時、たま は、赤ちゃんを望んでいて、彼は、まだいい・・、という状態。
人の気持ちも知らないで。。。と、怒っていた自分がいた。
後でわかったのだが、彼から義母に一言言ってくれていたらしい。
そういえば、
本気にとらないでね。軽く言っているだけだからと、
暫くしてから聞いたような気がする。

その、ぽち の言葉に救われることになったのは、
結局、自分が病気になってから。
それに、気が付いたのは、暫くしてからで。
今年になってからのような気がする。

同じ言葉でも、状況によって、こんなにも変わるものとは。

ぽち、ありがとね。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-27 11:43 | ぽち

会いにおいで・・・

自分がキッカケで結婚した二人に、
赤ちゃんが出来た。
何とも嬉しいことである。
そんな赤ちゃんが、
ままと同じ誕生日に生まれた。
元気な男の子である。
二重に嬉しい報告。
こっちから、どうしたかと聞くのは控えようと思っていたが、
旦那さんの方から連絡をくれ、安心してお正月を迎えることが出来た。

次は、いつ、こっちに戻ってくるのかが、気になっていた。
多分、もっと前に戻ってきていたんだと思うけど、
今日、やっと、
暇なときにでもきてねぇ~
という、写メールが届いた。
うれし♪

自分には勿論、身近に赤ちゃんがいる生活を送ったことがない私は、
かわいいけど、怖い存在の赤ちゃん。
首がスワったら、ぽち と 一緒に会いに行きたい。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-27 11:27

おどろきぃ~

このブログトップ画面にいったら、
なんと、かつて、ロードレースを見ていた頃の
応援していたライダーさんのブログがのっていたのに驚き。
TTF1クラスとかがあった最後の年から見始めたので、
もう、本当に随分前なのだが。
サーキット観戦を離れて随分経ち、
バイクとはそれでも関わり合い、
バイク乗りの ぽち と一緒になり、
ジムカーナを見るようになり、
自分でも何とか乗り、
そして、今年、まいバイクも手放し、
年取ったなぁ~・・・。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-26 21:54 | 生活

がん っていうのは、

毎日生産されていて、
自分の体内のいろんな細胞が正常に働いていれば、
消えて無くなるらしい。
というのを、そういえば、随分前に聞いたことがあったような気がした。

この間、テレビでそんなことを放送していて、
あぁ~、そうなんだっけ。。

そう思ったら、
やっぱし、
ストレスをためないこと
免疫力を高めること
が、一番なんだなぁ~と、
漠然とではあるが、思えてきた。

そういえば、告知されて、不安定だった頃、
こんな状態じゃ、自分で病気を作って行くような状態だ
と、思えた頃もあったので、
改めて納得してしまう。

病気は気から
本当にそうだと思う。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-26 11:56 | がん のことと からだ のこと

扁桃腺

子供の頃は、のどがふさがってしまうほど大きかった
扁桃腺。
小学校の頃、扁桃腺肥大というと、切ってしまう子も多かったが、
うちの場合は、大切に保管し、今現在も、
随分小さくなったとはいえ、ちゃんと、ある。
お陰様で、風邪を引くたびにのどから痛め、
大事に至ることはほとんど無く過ごしてきた。

が、この扁桃腺。
時々化膿し、膿がでてくる。
今もそうで、痛みが珍しく長く続いている。
もう、3週間近くになるだろうか。
いつもだったら、1週間ぐらいの痛みの後、
ぽろっと、膿が出てきて終わるのだが、
今回のは長期戦で、なかなか、収まらない。

そんなことで、珍しく母から
耳鼻科に行ってきたら?という、お言葉をもらったので、
検査結果を聞きに行ったついでに、耳鼻科も受診。

なんてこと無く、
い・ち・お・う・抗生物質を処方するから・・・。
で、済んでしまい、やっぱり、ほっとけば直るものらしい。
ただ、ウガイはまめにしようね。
と、言われたので、
はい、こころがけます。
と、言うことにしておいた。

う~ん、いたいなぁ~
そのうち、直るでしょ
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-25 11:46 | がん のことと からだ のこと

現在の病院での

担当医の検診は、今日をもって終わってしまった。
今月一杯で、やめてしまうから。
最後に握手を求めてしまった。
淋しいなぁ~・。。

結局、転院先への紹介状をお願いすることにして、
転院先へ行けるように準備だけはしておこうと思う。

自分的に悩んでいるのが、
やっぱり、最初からお世話になっているし、がんで一般的に言われている
5年生存率というか、5年間で再発がなければ、一応完治という状態らしいから、
その5年間は、ちゃんと診てもらいたいという、患者の我が儘はある。

たま レベルでは、ありがたいことに、どの先生が見ても
多分、問題がない程度だとは思う。
技術的な違いや、感覚的な違いも影響ないだろう。
そうなると、先生との相性が一番のネックになってくる。
先生の人柄に惹かれているので、本当にその問題が大きい。

かといって、今までのデータが揃っているこの病院にも
ある意味、データがあるということと、総合病院であるという意味での
安心感があるのも確か。
何かあったときに・・・、そう考えたときの大きさはやはり地元のお世話になった
この病院だろう。

どちらにしても、次にお世話になる先生にも一度お世話にならないことには
なんとも判断が付かないので、
一度、もしくは、感じがつかめるまで受診してみようとは思っている。
それから決めても・・・。
という、状態。

先生曰く、
4月は、まだ、新しいところには行かないで、5月ぐらいからと思っている
常勤ではなく、非常勤でいき、週末も入るかも知れない。
という、話を聞けたので、
それだったら、
両方の病院の掛け持ちも可能?
なんて、思っちゃったりするんですが、
これって、異常でしょうか。

まあ、ゆっくり、考えるとするか。

本当に、残念だけど、通院開始からは、8ヶ月、手術から6ヶ月
良い先生に会えて良かったと、本当に思っている。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-25 11:18 | がん のことと からだ のこと

定期検診の結果 3月分

CA72-4  3.0以下
CA125   8
TPA    11
細胞診  2a

という、今月の結果。
細胞診が、また2レベルになってきたけど、これは萎縮性によるものとの説明。
今年になって、4回、微量ながらも出血したのは、この萎縮によるものと考えられると
説明有り。
わずかな出血ならば、、、ということだけど、
先生の言うわずかと、
私的感覚のわずかが、
合致していることを祈るわ。
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-25 11:14 | がん のことと からだ のこと

階段のぼり 3

先週は、足と腰の痛みが気になってきていたのでお休みしちゃったけど、
今日、久々に上ってみた。
暫く間が空いたので、ちょっと、どきどきしたが、
思うほど辛くなく、なんとかなった。
初めて何段あるのか数えたが、
2階から7階まで 5フロアー分の階段は 数え間違えていなければ
121段あった。
なんか、すっきりしたような気になる。

何段あるのかは、気にはなっていたものの、数えることもなかったが、
この間、友達との会話で、
結構数えられちゃうモンだから、数えてみたら?
と、勧められ、数えてみたわけ。
ばりばり体育会系の人に言われたから、その気になって数えてみちゃった。

121段。
多いのか少ないのかわからないけど、
週に何回か、上っていれば、それなりの体力維持の足しになることが
数字の上でもよくわかりましたって、ことかな♪
[PR]
by yayakoshiya_tama | 2005-03-24 21:13 | 生活